高単価をとるならPythonエンジニア

高単価をとるならPythonエンジニア

JavaエンジニアとPythonエンジニアを比較し、高単価の案件が多いほうを選ぶならPythonエンジニアです。市場におけるPythonの動向やPythonエンジニアの報酬などについて大まかに理解しておくと、自分に合う案件がどのようなものか判断しやすくなります。Pythonエンジニア案件を探すなら、まずはフリーランスエージェントに相談してみましょう。

Python案件の動向とエンジニアの報酬

Python案件の動向とエンジニアの報酬

Pythonの需要が伸びはじめたのは2012年ごろで、そこから少しずつ伸び続けている状況です。2017年の時点で案件全体の4%程度と数こそ少ないものの、実務経験2年程度で週5日稼働した人で年収の目安は600万円程度です。実務経験が長ければ長いほど報酬の額も上がり、5年以上の経験があるPythonエンジニアなら年収の目安は800万円程度です。経験年数が少なくても、Pythonスキルが高ければ報酬が跳ね上がる場合もあります。自分に合うPython案件を見つけるためには、Pythonでできること、案件に求める条件などをよく整理しておく必要があります。将来自分がどのようなエンジニアになりたいのかについても、あらためて考えておく必要があるでしょう。Python案件は高単価が魅力ですが、単価だけに目を向けすぎないことも大切です。高単価案件がこなせるほどのスキルがまだない場合は、単価の面で妥協しなければならないかもしれません。案件探しにはフリーランスエージェントをうまく活用しましょう。活用のポイントは、複数のエージェントに登録してみることです。そうすることで情報収集力を強化し、最新の市場動向をすばやくキャッチできるようになります。

BTCエージェント for エンジニア

BTCエージェント for エンジニアは、フリーランスエンジニアの案件情報を紹介しているエージェントです。担当のコーディネーターは業界歴の長いプロばかりなので安心です。

https://freeengineer.btcagent.jp/work/?s=&languagecat%5B%5D=language_cat_25#listtop 業界トップの高額案件やハイクラス案件、キャリアアップ案件に自信があり、フリーランスの満足度を高めることをなにより重要視しているエージェントです。

フューチャリズム

フューチャリズムでは、フリーランスPythonエンジニア向けにひとりひとりのキャリアプランにマッチした案件を多数紹介しています。

https://futurizm.jp/jobs-python 経験豊富なコーディネーターが丁寧にサポートしてくれます。

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスは、フリーランスエンジニアの案件情報を多数掲載しているエージェントです。フリーランスに特化したエージェントとして20年の実績を持っています。

https://freelance.fosternet.jp/projects/list/skill-06 フォスターフリーランスは、豊富な経験から得たノウハウを生かしたサービスを提供してくれます。

RecommendJavaエンジニアとPythonエンジニアの将来が気になる方へ

  • 案件数をとるならJavaエンジニア

    フリーランスエンジニアとして働くにあたって案件数の多さで目指す方向を決めるなら、Javaエンジニアがおすすめです。Java案件は他のプログラミング言語の案件と比較しても段違いの多さで、需要は常に安定しています。

  • Pythonエンジニアの年収が高い理由とは?

    Pythonエンジニアの平均年収は約600万円です。他の言語より年収が高めなのは、エンジニアの数が需要に追いついていないためです。需要はさらに伸びていくことが予想されるため、早くからPythonのスキルを身につけておくと有利です。

  • キャリアアップにも有効なJavaの資格

    Javaエンジニアとしてキャリアアップしていくことを考えるなら、Java関連の資格を取得することをおすすめします。Javaのスキルを証明できる資格やIT全般の基礎知識を証明できる国家試験など、さまざまな種類の認定試験があります。