フリーランスとして働くには

フリーランスのJavaエンジニアやPythonエンジニアとして働くためには、専門スキルを身につけるだけでは不十分です。フリーランスになると決める前に考えておくべきなのが、フリーランスの向き不向きです。実際に案件を探す場合には、案件数を優先するのか単価を優先するのかでJavaエンジニアかPythonエンジニアかの判断が分かれることになるでしょう。どちらにしても、案件探しはフリーランスエージェントがおすすめです。

  • 案件数をとるならJavaエンジニア
    案件数をとるならJavaエンジニア

    JavaエンジニアとPythonエンジニアのどちらかで案件数が多いジャンルの仕事がしたいなら、断然Javaエンジニアです。フリーランスのJava案件は、他のプログラミング言語とは比較にならないほどの数があります。効率的に自分に合う案件を探すなら、自分で営業せずフリーランスエージェントに相談してみましょう。エージェントごとに特性が異なるので、評判の良いいくつかのエージェントを比較してみることをおすすめします。

    View More
  • 高単価をとるならPythonエンジニア
    高単価をとるならPythonエンジニア

    JavaエンジニアとPythonエンジニアで高単価なほうを選ぶなら、Pythonエンジニアがおすすめです。エンジニア案件全体からするとPython案件は少数ながら、確かなスキルがあるPythonエンジニアなら高単価案件を狙うことができます。案件探しの前に、Pythonでできることや案件に求めることなどについてまとめておきましょう。案件探しには、フリーランスのPython案件を多数保有しているエージェントを活用しましょう。

    View More
  • フリーランスの向き不向き
    フリーランスの向き不向き

    フリーランスエンジニアになりたいと思ったら、フリーランスに向いているかどうか、できる限り正直に自己吟味すべきです。フリーランスにはメリットがある一方で、さまざまなデメリットがあります。向き不向きも人によって大きく異なります。フリーランスに向いている人は管理能力が高い人で、不向きな人は管理能力が低い人です。自由に働けるのがフリーランスの魅力ですが、一方で責任が伴うことも理解しておかなければなりません。

    View More

RecommendJavaエンジニアとPythonエンジニアの将来が気になる方へ

  • 案件数をとるならJavaエンジニア

    フリーランスエンジニアとして働くにあたって案件数の多さで目指す方向を決めるなら、Javaエンジニアがおすすめです。Java案件は他のプログラミング言語の案件と比較しても段違いの多さで、需要は常に安定しています。

  • Pythonエンジニアの年収が高い理由とは?

    Pythonエンジニアの平均年収は約600万円です。他の言語より年収が高めなのは、エンジニアの数が需要に追いついていないためです。需要はさらに伸びていくことが予想されるため、早くからPythonのスキルを身につけておくと有利です。

  • キャリアアップにも有効なJavaの資格

    Javaエンジニアとしてキャリアアップしていくことを考えるなら、Java関連の資格を取得することをおすすめします。Javaのスキルを証明できる資格やIT全般の基礎知識を証明できる国家試験など、さまざまな種類の認定試験があります。